首页> 施敏打硬cemedine

施敏打硬cemedine


輸送機器の抜本的な軽量化を目指した「構造材料用接着技術の開発」への参画
平成29年4月26日付の国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)      
のニュースリリースでは、自動車など輸送機器の抜本的な軽量化を目指し、「構造材料用接着技術    
の開発」の研究開発テーマを新たに採択したことが公表されました。この「構造材料用接着技術    
の開発」では、マルチマテリアル構造を実現するための接着技術の開発が行われます。NEDO    
の事業予算は10億円、期間は平成29年度から平成34年度を予定しています。施敏打硬cemedine.        
その研究開発テーマの委託先として新構造材料技術研究組合(ISMA)が選定され、ISMAの    
組合員である当社は研究分担先として、「構造材料用接着技術の開発」に参画します。      
当社は、親会社である株式会社カネカと連携し、構造接着剤用の世界オンリーワン素材の開発      
を進めてきました。当社が保有する高機能素材を、「構造材料用接着技術の開発」において活用し、    
マルチマテリアル構造材料用の接着剤の研究開発を推進し、自動車など輸送機器の飛躍的な性能.    
向上の実現に貢献してまいります。施敏打硬CEMEDINE.